不妊かもと思ったら産婦人科で許容できる治療方法を探すことが近道

不妊でお悩みのみなさまへ

不妊が分かるタイミングについて

生まれたての赤ちゃん

なかなか子供ができないと思うのであれば、子供を作ることを考えてからの年数を問わず産婦人科に行くことをお勧めします。
不妊は妊娠できないことを一括りにしています。女性だけに関して言えば、排卵が起きないこと、受精しないこと、着床しないこと、どこが原因なのかは不妊治療を通じて分かることも多いです。妊娠できない理由が分かれば、その部分を手助けする治療を行うことで妊娠することができます。例えば排卵が起こりにくいのであれば排卵誘発剤です。これなら保険適用であるタイミング療法で妊娠できることが可能性としてあります。また保険はきかないですが、人工授精は自然妊娠に限りなく近い形で妊娠が望めます。精子を短いルートで卵子と合わせようとするからです。人工授精を行う日は医師の診察の上で決めますので、可能性は高くなります。
そして体外受精。これは高額と言われる治療です。卵胞を取り出し、精子と受精させます。試験管ベイビーというものです。ここでも自然に受精させる方法と人が手を加える方法(顕微授精)があります。受精障害がある場合、顕微授精をすることで妊娠の可能性が高くなります。
これらの治療により、自分の体を知ることができ、今後の適切な治療方法を選ぶことができます。無知な状態では「不妊治療」と聞くだけで、拒否感を覚えるのは当然のことです。自分が不妊かもと思ったら、産婦人科で許容できる治療方法を探すことが近道と思います。

不妊治療について正しい理解を

最近の若い夫婦の方は意外と不妊で悩んでいる人も多いと思います。それはどうしてかというと、昔よりも男女共に子供ができない体になりつつあるからです。
ですが、そういう状況であるにもかかわらず、不妊になっている原因は女性の側にあると思っている事があります。それは大きな間違いです。確かに昔は不妊で悩んでいる夫婦の多くは、女性に何らかの問題がある事が多かったです。ですが、今の時代は女性だけでなく男性の側にも不妊になっている原因がある事があります。
ですから、今現在不妊で悩んでいる夫婦がいて、なんとなく不妊になっている理由が女性にあるように思われているならそれは間違いだと堂々と主張すべきです。そして不妊治療をやる際には、女性だけでなく、男性も一緒に病院に行って男性機能にも問題がないか調べてもらうのが良いです。少なくともそれで女性と男性の両方を調べてもらう事で、どちらが原因で不妊になっているか分かります。
そして女性が原因で不妊になっているなら、女性に対して不妊治療をしてもらって、逆に男性の側に不妊になっている原因があるなら男性機能に不具合がある事になるので、なんとか受精できるようにしてもらうしか方法はないです。それで不妊治療は初めて意味を持つようになります。

不妊について夫婦で理解しあうために

妊活三年目になりタイミング法で全然出来ずに、旦那側の両親からも子供はまだかと言われて不安や焦りもありました。原因は何なのか、夫婦一緒に通院できる病院を探しました。そして見つけたのが大阪のレディースクリニック北浜という不妊治療専門病院でした。
まず初診のカウンセリングで、結婚して2年以上経つので不妊状態であると言われました。不妊は夫婦の問題だと言われ、私だけでなく旦那も調べることになり、まず食生活は不規則ではないか、夫婦生活をとっているか、基礎体温は正常なのか質問されました。特に生活面で問題はなく、これから検査で詳しく調べていくことになりました。
一応子宮を冷やさないように、ツムラ当帰芍薬散エキス顆粒という漢方を処方されました。私達夫婦は正社員で働いており、助成金対象にはなっていませんでした。原因を調べるため、血液検査や卵管造影検査を行いましたが、正常でした。私側には問題がなく、自然に妊娠できると言われました。しかし旦那も調べてもらうと、精子の運動率が悪く自然に妊娠しにくいと言われ、気休め程度に補中益気湯という漢方を処方されました。結果、人工授精を行った方がいいと言われ私の排卵の状態を見ながら、タイミング法と人工授精を組み合わせ、2回目の人工授精で妊娠することができました。

CHOICES ARTICLE

赤ちゃんの足

不妊について夫婦で理解しあうには?

不妊という定義が「二年以上妊娠しないから」「一年以上妊娠しない」に変更されましたね。不妊の原因をほとんどの旦那さんが女の方に理由があると思っているようですが、実はそれは大間違いです。今じゃ不妊の…

妊婦

決断してよかった不妊治療について

私は20代男性ですが、結婚して6年が立ちます。妻は年上で現在40代前半ですが、以前不妊に関して悩んでおりました。というのも、結婚してから自然妊娠が2回ありましたが、一向に心拍が確認できず、二回と…

看護師

不妊治療にはカウンセリングもあります

不妊治療というのは、実は多岐に渡ります。その一つとしてカウンセリングがあります。例えば、生殖機能に問題があるのであればそちらも並行してやっていくことになりますが、要するにストレス起因など…

TOPへ